TOP > 樹木葬を探す > 神奈川県 > 横浜市 > 新横浜樹木葬墓地

横浜市 / 新横浜樹木葬墓地(しんよこはまじゅもくそうぼち)

横浜市 / 新横浜樹木葬墓地
(しんよこはまじゅもくそうぼち)

眼下に日産スタジアム界隈が望める樹木葬墓地です。

新横浜樹木葬墓地
永代供養
宗教不問
後継者不要

新横浜樹木葬墓地の概要

住所:神奈川県横浜市港北区小机町952

最寄駅:JR横浜線「小机駅」

管理寺院:金剛寺(同住所)

駐車場あり(墓苑すぐそば)
法要施設使用可

樹木葬の価格・条件

価格:50~80万円

宗教不問、後継者不要

区画名 収骨 墓地使用料
D・E・F 3霊 完売
3霊 500,000~800,000円
B区画 3霊 500,000~700,000円
C区画 3霊 550,000~700,000円

 ※35万~40万円区画は完売しました

期間:50年 年間護持費:3,000円

・台座の上に墓石が付きます

・墓石には無料で家名を彫ります

・家族で一緒に安置できます(1区画に3霊まで)

・護持費50年分の一括払いは75,000円(50%割引)

・お寺の樹木葬なので永代にわたり供養され安心です

・毎年責任もって合同法要を執り行います

・期間の50年経過後は合祀にて永代供養いたします

・50年以降もご延長希望の場合はご相談ください

・カードローンも利用できます

管理寺院について

寺院名
金剛寺
山号
醫王山
宗旨宗派
曹洞宗
創建
天文9年(1540)

金剛寺は、天文(てんぶん)9年(1540年)に小机城址の下に草庵として開創され、天明6年(1786年)に曹洞宗に改め、現在に至っています。行基(ぎょうき)作と伝えられている本尊の薬師如来坐像は、座高68センチです。

現在の本堂は、昭和4年(1929年)と昭和30年(1955年)の2度の火災を経て、昭和60年(1985年)に再建されたものです。(公益財団法人 大倉精神文化研究所HPより)

また、金剛寺は、12年に一度、寅歳に開扉される武南(ぶなん)十二薬師霊場の7番札所としても知られています。御詠歌 「 一(ひと)たびも みなおしきかは みにおもき やまひもすくふ ちかひたのもし」

樹木葬や寺院の写真を見る

※画像の右斜め上にカーソルを合わせて黒い矢印をクリックすると全画面でご覧いただけます。

①新横浜樹木葬墓地1

①新横浜樹木葬墓地1

②新横浜樹木葬墓地2

②新横浜樹木葬墓地2

③新横浜樹木葬墓地3

③新横浜樹木葬墓地3

④新横浜樹木葬墓地

④新横浜樹木葬墓地

⑤金剛寺入口

⑤金剛寺入口

⑥金剛寺山門

⑥金剛寺山門

⑦金剛寺本堂

⑦金剛寺本堂

アクセス・地図

■アクセス

  • ①JR横浜線「小机駅」
    徒歩8分
  • ②「港北インター」より
    車で7分

■樹木葬までの行き方、周辺情報

樹木葬がある金剛寺へはJR横浜線「小机駅」南口を出て小机駅前から右手、横浜上麻生道路を第三京浜道路方面に歩きます。
小机駅西側、小机土井谷戸と進み小机辻を右に折れます。しばらく行くと左手に山門へと続く入口に出ます。
樹木葬墓地は、本堂の裏山に続く坂と階段を上った先の東屋の隣になります。
■住所:神奈川県横浜市港北区小机町952
(金剛寺内)

お気軽に
お問い合わせください。

9:00~18:00
(火・水は17時まで)

0120-501-373



このページを見た人が
他に検索しているページ
北鎌倉樹木葬墓地

神奈川県鎌倉市山ノ内1534

最寄り駅:
JR横須賀線北鎌倉駅

藤沢樹木葬墓地

神奈川県藤沢市弥勒寺2丁目4‐24

最寄り駅:
東海道線藤沢駅

【検索のヒント】

樹木葬の名前で検索
→(例)世田谷樹木葬墓地

住所で検索
→(例)東京都世田谷区

駅名で検索
→(例)千歳烏山駅

上へ戻る