TOP > 樹木葬を探す > 神奈川県 > 横浜市 > 白山釜利谷樹木葬墓地

横浜市 / 白山釜利谷樹木葬墓地(はくさんかまりやじゅもくそうぼち)

横浜市 / 白山釜利谷樹木葬墓地
(はくさんかまりやじゅもくそうぼち)

京浜急行本線「金沢文庫駅」、「朝比奈I.C」より車で5分

白山釜利谷樹木葬墓地
宗教自由

白山釜利谷樹木葬墓地の概要

住所:神奈川県横浜市金沢区釜利谷南2-40-8(東光禅寺内)

最寄駅:京浜急行本線「金沢文庫駅」

管理寺院:東光禅寺

駐車場:有

樹木葬の価格・条件

価格:40~70万円

宗教不問、後継者不要

区画名 収骨 志納金
3霊区画 3霊 400,000~600,000円
4霊区画 4霊 700,000円
期間:50年 年間護持費:3,000円

・750,000円区画は完売しました。(2017.03.21)

・護持費50年分一括払いは、75,000円(50%割引)になります。

・期間の50年経過後は合祀にて永代供養いたします。

・50年以降もご延長希望の場合はご相談ください。

管理寺院について

寺院名
東光禅寺
宗旨宗派
臨済宗
創建
建仁年間(1201~03年頃)

東光禅寺の創建は建仁年間(1201~03年頃)と伝えられています。創建当時は、鎌倉薬師ケ谷(現大塔宮)にあり、薬師如来を本尊として医王山東光寺と称していました。

開基は鎌倉幕府開幕の功臣・畠山重忠公で、弘安5年(1282年)、臨済宗大本山建長寺第六世・臨済宗大本山円覚寺第五世勅諡大興禅師(葦航道然)を招き、開山としました。

当時は大塔宮護良親王が幽閉された土牢のすぐ前に位置していたとされ、親王は東光寺書院で写経中に足利直義に害された、と伝えられています。

その後、応仁年間(1467〜69年)に現所在地である釜利谷郷へと移り、白山東光禅寺と改めました。

(東光禅寺HPより)

樹木葬や寺院の写真を見る

※画像の右斜め上にカーソルを合わせて黒い矢印をクリックすると全画面でご覧いただけます。

①東光禅寺山門

①東光禅寺山門

②東光禅寺境内1

②東光禅寺境内1

③東光禅寺境内2

③東光禅寺境内2

④樹木葬墓地イメージ

④樹木葬墓地イメージ

アクセス・地図

■アクセス

  • ①京浜急行本線「金沢文庫駅」より車で5分
  • ②横浜横須賀道路「朝比奈I.C」より車で5分
  • ③京急バス「金沢文庫駅」西口より乗車、バス停「白山道」下車、徒歩3分

■樹木葬までの行き方、周辺情報

白山釜利谷樹木葬墓地がある東光禅寺へは、「金沢文庫駅」西口から京急バスに乗り、バス停「白山道」で降りて、地域ケアプラザを右手に直進します。
塀に沿って少し歩くと、左手に駐車場、右手が東光禅寺の山門です。

駐車場内に樹木葬墓地の案内事務所があります。樹木葬墓地は山門をくぐり、本道脇の坂を少し上ったところになります。

■住所:神奈川県横浜市金沢区釜利谷南2-40-8(東光禅寺内)

お気軽に
お問い合わせください。

0120-501-898

このページを見た人が
他に検索しているページ
新横浜樹木葬墓地

神奈川県横浜市港北区小机町952

最寄り駅:
JR横浜線小机駅

藤沢樹木葬墓地

神奈川県藤沢市弥勒寺2丁目4‐24

最寄り駅:
東海道線藤沢駅

【検索のヒント】

樹木葬の名前で検索
→(例)世田谷樹木葬墓地

住所で検索
→(例)東京都世田谷区

駅名で検索
→(例)千歳烏山駅

上へ戻る