TOP > 樹木葬を探す > 神奈川県 > 小田原市 > 小田原樹木葬墓地

神奈川県 / 小田原樹木葬墓地 (おだわらじゅもくそうぼち)

神奈川県 / 小田原樹木葬墓地
(おだわらじゅもくそうぼち)

「箱根板橋駅」から徒歩5分!
穏やかな箱根の“おとうのお寺”に庭園型樹木葬墓地がオープン

小田原樹木葬墓地
永代供養
宗教不問
後継者不要
改葬応相談

小田原樹木葬墓地の概要

住所:神奈川県小田原市板橋771

最寄駅:箱根登山鉄道「箱根板橋駅」

管理寺院:御塔生福寺(同住所)

駐車場あり(約10台)

樹木葬の価格・条件

価格:40~80万円

宗教不問、後継者不要

区画名 収骨 墓地使用料
「潮」 3霊 400,000~600,000円
「風」 4霊 700,000~800,000円
期間:50年 年間護持費:3,000円

・墓地使用料は50年後からの永代供養料を含んでいます

・護持費50年一括払い時は75,000円(50%割引)

・別途、墓石代がかかります

 (種類がありますのでご確認ください)

・墓石には無料で家名を彫ります

  --------------------------------------------------

・家族で一緒に安置できます(1区画に3霊または4霊)

・生前のお申込みも受付けています

・ご契約日から50年間個別にご供養できます

・お寺の樹木葬なので永代にわたり供養され安心です

・ご法要については管理寺院の教義に則って執り行います

・毎年3回お彼岸とお施餓鬼会に合同法要を執り行います

・期間の50年経過後は合祀にて永代供養致します

・50年以降も個別供養延長希望の場合はご相談ください

管理寺院について

寺院名
御塔生福寺
 (おとうしょうふくじ)
宗旨宗派
日蓮宗
創建
元亨二年(1322)

御塔生福寺は、小田原板橋富士山の中腹にあった象鼻山御塔妙福寺と現在地にあった浄水山蓮生寺が大正の初めに合寺して象鼻山御塔生福寺となったものです。
象鼻山御塔妙福寺は、日蓮聖人文永六年(1269)、甲州遊化富士山埋経の後、箱根路を経て帰倉する際、湯本を過ぎ小田原に入る手前の富士山(小田原市板橋字富士山三六三番地)の象鼻に似た巨石の上に立ち、相模灘の彼方の房州を望み、御両親の菩提を弔われ、石の宝塔を建てられたと伝えられます。
 
五三年後の元亨二年(1322)四月、九老僧朗慶上人がその地に一宇を建て象鼻山妙福寺と号し、中山法華経寺末となっています。
一方、浄水山蓮生寺は下総国葛飾郡平賀村本土寺の末派、開山は日周で蓮生院と号します。
開創の年代は、『神奈川県皇国地誌残稿』によると永正二年(1505)、『新編相模風土記』によると慶安二年(1649)と、二説ある。開山日周の没年も夫々慶長元年(1596)二月二九日と慶安元年(1648)二月二九日と異なり定かではありません。
境内は東西四間五分、南北六間、面積二七坪、明治八年(1875)二月三日の火災により焼失しましたが同年再建されました。

樹木葬や寺院の写真を見る

※画像の右斜め上にカーソルを合わせて黒い矢印をクリックすると全画面でご覧いただけます。

①樹木葬墓地

①樹木葬墓地

②樹木葬墓地イメージ図

②樹木葬墓地イメージ図

アクセス・地図

■アクセス

  • 箱根登山鉄道「箱根板橋駅」より徒歩5分

■樹木葬までの行き方、周辺情報

小田原樹木葬墓地のある御塔生福寺は「箱根板橋駅」からほぼ直進で、徒歩5分の場所にございます。
駅の前にある信号を渡ってそのまま直進すると、三叉路に突き当たりますが、
正面の木工所左脇にある小道を進んでいきますと、1つ目の交差点の左側に御塔生福寺の看板と駐車場が見えます。
入口事務所にお声掛けいただければ、樹木葬墓地へご案内致します。

お気軽に
お問い合わせください。

9:00~18:00
(火・水は17時まで)

0120-501-373



このページを見た人が
他に検索しているページ
 平塚金田樹木葬墓地

神奈川県平塚市寺田縄1277

最寄り駅:
JR東海道本線「平塚駅」
小田急小田原線「伊勢原駅」

茅ケ崎樹木葬墓地

神奈川県茅ケ崎市室田1-15-44

最寄り駅:
JR東海道本線「茅ケ崎駅」

【検索のヒント】

樹木葬の名前で検索
→(例)世田谷樹木葬墓地

住所で検索
→(例)東京都世田谷区

駅名で検索
→(例)千歳烏山駅

上へ戻る