TOP > 樹木葬を探す > 神奈川県 > 鎌倉市 > 北鎌倉十王堂樹木葬墓地

鎌倉市 / 北鎌倉十王堂樹木葬墓地(きたかまくらじゅうおうどうじゅもくそうぼち)

鎌倉市 / 北鎌倉十王堂樹木葬墓地
(きたかまくらじゅうおうどうじゅもくそうぼち)

大人気の鎌倉での樹木葬墓地第2弾!JR北鎌倉駅より徒歩15分。

北鎌倉十王堂樹木葬墓地
宗教不問

北鎌倉十王堂樹木葬墓地の概要

住所:神奈川県鎌倉市山ノ内1543

最寄駅:JR横須賀線・湘南新宿ライン
「北鎌倉駅」

管理寺院:円応寺(同住所)

駐車場:有

樹木葬の価格・条件

価格:50~80万円

宗教不問、後継者不要

区画名 収骨 志納金
3霊 500,000~800,000
3霊 600,000~800,000
3霊 650,000~800,000
期間:50年 年間護持費:3,000円

・護持費を50年分一括納付していただくと、15万円のところ10万円に割引させていただきます。

・期間の50年経過後は合祀にて永代供養いたします。

・50年以降もご延長希望の場合はご相談ください。

管理寺院について

寺院名
円応寺
山号
新居山
宗旨宗派
臨済宗建長寺派
創建
建長二年(1250)

円応寺は、閻魔大王を本尊として智覚禅師により建長二年(1250)に創建された臨済宗のお寺です。閻魔堂、十王堂とも呼ばれ、亡者が冥界において出会う「十王」を祀っています。
円応寺は初め見越嶽(みこつのごく・・・大仏様の近く)にありましたが、足利尊氏が由比ヶ浜に移築し、その後、元禄十六年(1703)に起きた大地震後に現在の地に移りました。

本尊の閻魔大王座像(国重要文化財)は、仏師「運慶」作と伝わります。運慶は頓死をして閻魔大王の前に引き出されましたが、閻魔様の「汝は生前の慳貪心(けんどんしん・・・物惜しみし、よく深いこと)の罪により、地獄に落ちるべきところであるが、もし汝が我が姿を彫像し、その姿を見た人々が悪行を成さず、善縁に赴くのであれば、汝を娑婆に戻してやろう。」といわれ、現世に生き返された運慶が彫刻したと言われています。
なお、運慶はふたたび生き返った喜びで、笑いながら彫刻したため、閻魔様のお顔もどことなく笑っているように見えることから、古来「笑い閻魔」と呼ばれています。

樹木葬や寺院の写真を見る

※画像の右斜め上にカーソルを合わせて黒い矢印をクリックすると全画面でご覧いただけます。

①円応寺山門

①円応寺山門

②円応寺境内1

②円応寺境内1

③円応寺境内2

③円応寺境内2

④円応寺境内3

④円応寺境内3

⑤円応寺境内4

⑤円応寺境内4

⑥円応寺境内5

⑥円応寺本堂

⑦円応寺本堂

⑦円応寺本堂

⑧本尊の閻魔大王座像(国重要文化財)

⑧本尊の閻魔大王座像(国重要文化財)

アクセス・地図

■アクセス

  • ①JR横須賀線・湘南新宿ライン
    「北鎌倉駅」より徒歩15分
  • ②江ノ電バス・鎌倉行
    「北鎌倉」乗車 「建長寺前」下車すぐ

■樹木葬までの行き方、周辺情報

樹木葬がある円応寺へは、JR横須賀線・湘南新宿ラインの北鎌倉駅から円覚寺前を通り鎌倉街道を鎌倉方面に歩きます。
または、北鎌倉駅前のバス停「北鎌倉」から江ノ電バスに乗り「建長寺前」で降りるのが便利です。
建長寺を左に見て緩い坂道を登ると、間もなく右手に、山門に続く階段があります。車の場合は、階段に向かって左手の坂道から登ります。 樹木葬墓地は、閻魔大王が祀られている本堂の左手・墓地入口にあります。
■住所:神奈川県鎌倉市山ノ内1543
(円応寺内)

お気軽に
お問い合わせください。

0120-501-898

このページを見た人が
他に検索しているページ
新横浜樹木葬墓地

神奈川県横浜市港北区小机町952

最寄り駅:
JR横浜線小机駅

藤沢樹木葬墓地

神奈川県藤沢市弥勒寺2丁目4‐24

最寄り駅:
東海道線藤沢駅

【検索のヒント】

樹木葬の名前で検索
→(例)世田谷樹木葬墓地

住所で検索
→(例)東京都世田谷区

駅名で検索
→(例)千歳烏山駅

上へ戻る