TOP > 樹木葬を探す > 千葉県 > 松戸市 > 松戸大橋樹木葬墓地

松戸市 / 松戸大橋樹木葬墓地(まつどおおはしじゅもくそうぼち)

松戸市 / 松戸大橋樹木葬墓地
(まつどおおはしじゅもくそうぼち)

北総線「北国分駅」より徒歩10分の樹木葬墓地

松戸大橋樹木葬墓地
宗教不問

松戸大橋樹木葬墓地の概要

住所:千葉県松戸市大橋766

最寄駅:北総線「北国分駅」

管理寺院:本源寺(同住所)

駐車場:有

樹木葬の価格・条件

価格:30~65万円

宗教不問、後継者不要

区画名 収骨 志納金
3霊区画 3霊 300,000~650,000円
期間:50年 年間護持費:2,000円

・生前にお求めの場合、当初5年間の護持費はかかりません。

・護持費50年分の一括払いは 50,000円(50%割引)になります。

・期間の50年経過後は合祀にて永代供養いたします。

・50年以降もご延長希望の場合はご相談ください。

管理寺院について

寺院名
本源寺
山号
了修山
宗旨宗派
日蓮宗
創建
慶長元年(1596年)

本源寺は、山号を了修山といい本土寺の末寺です。 下総葛飾郡荒谷(大橋)に居住した秋山虎康は、慶長元年(1596年)に本源寺を創建しました。

天正十年(1582年)織田・徳川連合軍による長篠の戦いの後、武田二十四将といわれた重臣穴山信友(秋山虎康の伯父)の子・穴山信君は、虎康の娘於都摩(おつま)を養女として家康の側室に仕えさせました。
於都摩は、浜松城で、家康の五男(信吉)を生みます。

家康は、信吉に武田氏の家名を継がせて、小金の地に三万石として配置しました。

樹木葬や寺院の写真を見る

※画像の右斜め上にカーソルを合わせて黒い矢印をクリックすると全画面でご覧いただけます。

①本源寺入口

①本源寺入口

②本源寺山門

②本源寺山門

③本源寺本堂

③本源寺本堂

④本源寺本堂扁額

④本源寺本堂扁額

⑤本源寺境内

⑤本源寺境内

アクセス・地図

■アクセス

  • ①北総線「北国分駅」より
    徒歩10分
  • ②京成バス 市川駅~松戸駅
    バス停「胡録神社」より徒歩1分


■樹木葬までの行き方、周辺情報

樹木葬墓地がある本源寺へは、北総線「北国分駅」から東の秋山方面に向かって歩きます。
伊弉諾神社前を通り北総線下を歩いて北に向かうと大橋交差点前に出ます。
セブンイレブンを左に見て交差点を渡ると左手に本源寺幼稚園の看板が見えてきます。
本源寺前の道をそのまま進むと京成バスのバス停「胡録神社」があります。
松戸大橋樹木葬墓地は、本源寺の山門左隣に設置されています。
■住所:千葉県松戸市大橋766
(本源寺内)

お気軽に
お問い合わせください。

9:00~17:00

0120-501-898


このページを見た人が
他に検索しているページ
新松戸樹木葬墓地

千葉県松戸市大谷口18

最寄り駅:
JR常磐線北小金駅

流山樹木葬墓地

千葉県流山市平和台5-19-22

最寄り駅:
流鉄流山線流山駅

【検索のヒント】

樹木葬の名前で検索
→(例)世田谷樹木葬墓地

住所で検索
→(例)東京都世田谷区

駅名で検索
→(例)千歳烏山駅

上へ戻る