TOP > 樹木葬を探す > 千葉県 > 市川市 > 市川大野樹木葬墓地

市川市 / 市川大野樹木葬墓地(いちかわおおのじゅもくそうぼち)

市川市 / 市川大野樹木葬墓地
(いちかわおおのじゅもくそうぼち)

JR武蔵野線「市川大野駅」徒歩7分の樹木葬墓地

市川大野樹木葬墓地
永代供養
宗教不問
後継者不要

市川大野樹木葬墓地の概要

住所:千葉県市川市大野町2丁目919-1

最寄駅:JR武蔵野線「市川大野駅」

管理寺院:本将寺(同住所)

駐車場あり
法要施設使用可
ペットと一緒応相談

 
ご見学にあたっては事前予約が便利です(無料)
希望日前日までに予約フォームまたは下記フリーダイヤルでご予約ください
(電話受付:9:00~17:00)

 

樹木葬の価格・条件

価格:40~100万円

宗教不問、後継者不要

区画名 収骨 墓地使用料
B区画 3霊 400,000~550,000円
A区画 3霊 400,000~1,000,000円

 ※ 35万円価格帯はご好評につき完売致しました

期間:50年 年間護持費:2,000円

・墓地使用料は50年後からの永代供養料を含んでいます

・護持費50年一括払い時は50,000円(50%割引)

・生前の方(寿陵)は護持費50年一括払い時45,000円

・別途、墓石代がかかります

 (種類がありますのでご確認ください)

・墓石購入時の家名彫りは無料(絵柄・家紋は有料)

  --------------------------------------------------

・家族で一緒に安置できます(1区画に3霊まで)

・生前のお申込みも受付けています

・ご契約日から50年間個別にご供養できます

・お寺の樹木葬なので永代にわたり供養され安心です

・ご法要については管理寺院の教義に則って執り行います

・毎年2回、春秋お彼岸時に合同法要を執り行います

・期間の50年経過後は合祀にて永代供養致します

・50年以降も個別供養延長希望の場合はご相談ください

・ペットの納骨もご相談たまわります

管理寺院について

寺院名
本将寺
山号
皆原山
宗旨宗派
日蓮宗
創建
正応五年(1292)
  日宝上人

本将寺は、鎌倉時代の正応五年(1292)日蓮聖人の直弟子である日宝上人によって開かれました。日宝上人は、地元の豪族曽谷氏の一族(四郎右衛門直秀)で、中山法華経寺で、日蓮聖人の説法を聞き、熱心な信者になったと伝えられています。

当時、大野の地には平将門の出城があったとされていることから、本将寺の名前には「将」が含まれていると言われています。

現在の地に移転したのは、昭和六十二年(1987)です。市川七福神としても知られており、本将寺には大黒天が祀られています。

 
ご見学にあたっては事前予約が便利です(無料)
希望日前日までに予約フォームまたは下記フリーダイヤルでご予約ください
(電話受付:9:00~17:00)

 

樹木葬や寺院の写真を見る

※画像の右斜め上にカーソルを合わせて黒い矢印をクリックすると全画面でご覧いただけます。

①市川大野樹木葬墓地1

①市川大野樹木葬墓地1

②市川大野樹木葬墓地2

②市川大野樹木葬墓地2

③市川大野樹木葬墓地3

③市川大野樹木葬墓地3

④市川大野樹木葬墓地4

④市川大野樹木葬墓地4

⑤本将寺山門

⑤本将寺山門

⑥本将寺本堂

⑥本将寺本堂

 

アクセス・地図

 ■アクセス

  ①JR武蔵野線「市川大野駅」より
徒歩7分

  ②JR・都営新宿線「本八幡駅」より
京成バス「大柏小学校」バス停下車 徒歩3分

 

 ■樹木葬までの行き方、周辺情報

  樹木葬がある本将寺へは、JR武蔵野線「市川大野駅」の1番出口から

  市立大柏小学校に向かうバス路線を歩きます。

  バス停「大柏小学校」を超えた次の交差点を右に折れて道なりに坂道を上ります。

  上り切った道路右側に現地案内事務所があります。

  樹木葬墓地は事務所の向かい側、階段を少し上ったところになります。

  歩いて来た道をそのまま進むと、左手に本将寺の山門、本堂が見えてきます。

 
 
ご見学にあたっては事前予約が便利です(無料)
希望日前日までに予約フォームまたは下記フリーダイヤルでご予約ください
(電話受付:9:00~17:00)

 
このページを見た人が
他に検索しているページ
北方樹木葬墓地

千葉県市川市中山3-7-6

最寄り駅:
京成本線京成中山駅

中山樹木葬墓地

千葉県市川市中山3-7-6

最寄り駅:
東京メトロ丸ノ内線四谷三丁目駅

【検索のヒント】

樹木葬の名前で検索
→(例)世田谷樹木葬墓地

住所で検索
→(例)東京都世田谷区

駅名で検索
→(例)千歳烏山駅

上へ戻る